レンタルオフィスの住所貸しサービスについて

レンタルオフィスの住所貸しサービスというのは昔から存在したものです。つまり登記も含めて都会の一等地に住所を設定でき、かかってきた電話の応対および転送を受け付けてくれ、代わりに秘書サービスで電話応対をしてくれ、郵便物の受け取りをおこなってくれるのが基本的なサービスです。したがってオフィスがなくても都会に会社がある設定を行えるのがメリットです。最近でhメールやサーバーなどのレンタルをおこなってくれたり、実際のその住所に貸し会議室などを設置して来客時には応対できるスペースを確保しているところもあります。月次の料金は事業者と場所によって様々ですが最低の料金であれば5000円程度から設定されており、バーチャルオフィスに会議室のサービスがついているレンタルオフィスでも1万円~1万5000円といった価格設定のようです。最近では連絡は携帯電話やスマートフォンで行え、メールも出先でチェックできますので、どうしても必要といことになると住所貸しと郵便の受け取りだけが重要なのかもしれません。いずれにしてもこのサービスがあればノマドワーカーとしても完璧に外部からのコンタクトに対応してビジネスがやっていけそうなサービスとなりそうです。

レンタルオフィスの住所貸しサービスについて

レンタルオフィスの住所貸しサービスと言うのはご存知でしょうか。これは、契約を結ぶことによりレンタルオフィスの所在地を住所として使用できるというサービスです。このサービスを利用する人の一例として、起業して間もない方を挙げることが出来ます。起業して仕事が軌道に乗るまでは、ある程度の時間が必要になりますが、それまでのコスト削減の一環として、この住所貸しのサービスを利用する人もいます。ちなみにレンタルオフィスとは、ビルなどのフロアを様々な大きさでいくつにも仕切り、設定された料金を払うことによってスペースを借りることが出来るという仕組みになっています。仕切られたスペースは、個人席・ブース席・会議室などと設定されており、その用途によって借りることが出来るのです。オフィスと言うことなので、仕事で利用するであろう最低限の設備を整えられています。電源、インターネット接続、プリンターなどで、外回りのサラリーマンの方が、出先で資料やメールのチェックを行うことも出来ます。駅近辺にあるこのような貸しスペースを利用すれば、新幹線などの待ち時間を有効利用することも可能になります。また最近では、フリードリンクなどのサービス付きオフィスもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*